貧血ガイド TOP ≫ 貧血の基礎知識 貧血とは

貧血とは

一口に貧血と言っても、貧血にはたくさんの種類がありますが、基本となる症状は皆同じものです。この貧血というのは、血液中の赤血球の減少によって、全身の細胞が酸素を失い、全身に様々な症状を引き起こす症状のことです。この貧血によって様々な症状が発症し、生活に支障を来たす恐れもあります。

考えられる症状として、頭痛や息切れ、動悸、嘔吐、食欲の低下、慢性的な疲れ、立ちくらみなどが挙げられます。「立ちくらみ」や「めまい」だけが一概に貧血だとも言い切れないのがネックで、このように多々症状があることにより、人々からは認知されにくいものが貧血なのです。

「最近全然疲れがとれなくて……」「なかなか食欲がわかない」という言葉が口をついて出るようになったら「自分は貧血かもしれない」と考えて良いでしょう。仕事で根を詰めすぎてしまって、なかなか栄養が摂れていなかったり、睡眠をしっかり取れていなかったりと、考えられる原因は様々ですが、過労からの貧血はよくあるパターンです。

「何か病気にかかってしまったかもしれない」と考える前に、まず最初に貧血の可能性を考え、それに伴った対処をしてみるのが良いでしょう。貧血には、先にも述べた通りたくさんの種類があるので、過労だけに限らず、様々な要因も考えられます。自分の生活を振り返り、貧血になる要素はなかったかどうか、もう一度チェックしていきましょう。

貧血の基礎知識


不用品回収 千葉 成田 茨城
http://www.eco-harmony.co.jp/

リルテック
リルテックなら医療関係者向けの製品情報サイトで!