貧血ガイド TOP ≫ 悪性貧血について 悪性貧血とは

悪性貧血とは

悪性貧血とは、主にビタミンB12が不足することによって起こる病気です。ビタミンB12の不足によって大球性高色素性の貧血が起きます。ビタミンB12は、動物性の食品に多く含まれている為、ダイエットによる菜食中心の生活をしている方や、もともと野菜が好きで、野菜中心の食生活になってしまっている菜食主義の方に多いです。

胃腸の手術をした場合も、腸が上手にビタミンB12を吸収することが出来ず、結果悪性貧血の引き金を引いてしまう可能性が出てきます。もともと「吸収不良症候群」などにかかっている場合でも、腸がなかなかビタミンB12を吸収することが出来ずに、同じ症状を引き起こすこともあります。

胃液の酸度が低下した場合、動物性の食品に含まれるタンパク質を溶かすことが困難になり、タンパク質の中に多く含まれているビタミンB12をうまく取り出せなくなるので、結果的にビタミンB12が不足してしまいます。この、「胃液の酸度が低下する」といった現象は、特に高齢者に多く見られます。

「年をとって脂っこいものが食べられなくなった」というのをよく聞きますよね。あれは、胃液の酸度が年をとると共に低下している為だと言えるでしょう。これによって、お年寄りが悪性貧血を起こしやすくなる、というケースはよく見られます。

悪性貧血になると、ビタミンB12を腸から吸収するのに必要な内因子を生産する能力が失われ、ビタミンB12欠乏症が起こります。つまり、ビタミンB12の不足から悪性貧血が始まり、悪性貧血になることで、ビタミンB12が一層欠乏していくという悪循環を引き起こすのです。

若くて健康なうちから、ビタミンB12はしっかりと摂取するように心がけましょう。

悪性貧血について


水素水ボトル
http://pcwater.jp/item03.html

ラスリテック
ラスリテックなら医療関係者向けの製品情報サイトで!