貧血ガイド TOP ≫ 悪性貧血について 悪性貧血の症状

悪性貧血の症状

悪性貧血の代表的な症状としては、「手足のしびれ」、「黄疸」などがあります。特に60歳代においては、「めまい」や「動悸」、「筋力低下」などの症状が貧血と関連して発生している場合も多く見られます。

他にも、「たちくらみ」「すぐに疲れやすい」「脱力感」という症状や、「手足のしびれ」「うつ」「意識障害」など、生活に支障を来たす症状が多く見られます。悪性貧血になった場合、食欲不振に陥りやすいので、なかなか「何かを食べて治す」ということも困難になってきます。

女性の中にも、ダイエットを意識し過ぎた為にビタミンB12が不足がちになり、うつになったり、脱力感を感じたり、疲れやすくなってしまうことはよく有ります。それは、もう既に悪性貧血が始まっている恐れがあると言っても良いでしょう。体の機能が全体的に低下しているお年寄りに関しては、「ビタミンB12の注射をしなければままならない」とも言えますが、まだ体の機能がしっかりと活動している若い方達は、他にも対処の方法がたくさんあります。

食事を抜くダイエットは、決して賢い方法とは言えません。先程も挙げた「うつ」という傾向は、ダイエットをした方にとても多く見られる症状であり、せっかく自分の望む体重に到達したとしても、気分が優れず、結果的に体を壊してしまったり、精神を病んでしまったりと、何も良いことはありません。

何故ダイエットをしようと思ったのかといえば、「美しくなり、豊かで楽しい生活を送りたい」為だったはずです。悪性貧血は、ダイエットの天敵とも言えます。ビタミンB12をしっかり摂取して、理想的なダイエットを心がけましょう。

悪性貧血について


ポスター印刷
同人ポスターなら目指せ最安値のディプリーズ 楽天市場店で!

リスモダン
リスモダンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!