貧血ガイド TOP ≫ 悪性貧血について 悪性貧血の検査

悪性貧血の検査

悪性貧血を示す検査としては、「ヘマトクリット値検査」、「ヘモグロビン値検査」、「MCV(平均赤血球容積)検査」、「MCH(平均赤血球ヘモグロビン)検査」さらに「白血球数検査」と「低血小板数検査」、「網状赤血球数検査」、「骨髄検査」、「血清乳酸脱水素酵素検査」、「血清ビタミンB12値検査」、「リングテスト検査」などなど、様々な専門検査があります。これらの専門検査は、大抵血液検査の時に一括して調べることも出来ます。

これらの専門検査を受けることにより、何が不足している為に悪性貧血が起こったか、これから何を服用していくべきかを知ることが出来、悪性貧血を早期に治療することが出来ます。悪性貧血の疑いがある人は、これらの専門検査をしっかり受け、医師からのアドバイスと処方された薬や注射を受けることをおすすめします。

悪性貧血にかかってしまった場合は、重度になってくると外出が困難になることもあるので、家族や周りの人々の助けを借りることが大切になってきます。病院の検査を怠ってしまうと、先程も述べたように他の病気を併発してしまう恐れもあるので、なるべく早期治療していくことを心がけましょう。

また、お年寄りの場合は、周りに居る家族が異変を敏感に察知し、検査を促す必要があります。少しでも「体調が悪そうだ」「生活に支障がありそうだ」と判断した場合は、血液検査に連れて行き、対処することが肝心だといえます。

悪性貧血について


リキスミア
リキスミアなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

遺品整理を大垣で探しましょう
遺品整理を大垣でならまごころ便利屋スマイルで!