貧血ガイド TOP ≫ 貧血に良いもの ビタミンB12

ビタミンB12

ビタミンB12は水に溶ける水溶性ビタミンのひとつです。このビタミン12は悪性の貧血に有効なビタミンとして、「コバラミン」とも呼ばれます。先程からページの端々にも登場している通り、貧血に良い物質の代表選手として知られています。脳の指令を伝える働きを正常に保つ作用もあります。

ビタミンB12は葉酸(ビタミンMとも呼ばれています)と協力して、赤血球の生成に深く関わっています。ビタミンB12は、赤血球の中の核酸(DNA)の合成に必要な葉酸の働きを助ける「補酵素」の役割を担います。どちらが不足しても、赤血球の減少や、異常に大きな赤血球の生成などを招き、結果として悪性貧血を引き起こしてしまいます。

ビタミンB12の吸収は、ただビタミンB12が含まれている食品を食べれば良い、という訳でもありません。胃から分泌される、「内因子」と呼ばれる物質を必要とします。胃の手術・切除や、胃炎などによる粘膜の異常が原因となって、この内因子が分泌されなくなると、ビタミンB12が腸で吸収されなくなり、どんなにビタミンB12の含まれている食品を取り入れたとしても、ビタミンB12は吸収さない、ということもあります。

ビタミンB12には、神経細胞の核酸や、たんぱく質、脂質の合成を補助して、精神の安定や集中力、記憶力を向上させる働きがあります。ビタミンB12が不足すると、イライラや、無気力、集中力、記憶力の低下などを招きます。もっと症状が深刻になってくると、運動神経機能の低下や手足のしびれ、痛みなどの末梢神経系の症状に達することもあります。

ビタミンB12は、私達の生活に必要不可欠なのです。

貧血に良いもの


ムノバール
ムノバールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!