貧血ガイド TOP ≫ 貧血に良いもの 葉酸

葉酸

葉酸というのはビタミンの一種のことです。この葉酸は水溶性で、ビタミンB群に属しているビタミンです。葉酸は、特に赤血球の形成などの働きを助けてくれるビタミンとして、貧血気味の身体にはとても有効と言われています。ほうれん草などの緑の葉っぱに含まれていることが多いので、この名で呼ばれています。

葉酸は、たんぱく質や細胞をつくる時に必要な、「DNA」を合成する重要な役割を果たします。他にも、赤血球の細胞の形成を助けたり、胎児の発育の際に、細胞分裂を助ける働きがあります。 先程ご紹介した「ビタミンB12」と共に血液をつくる働きがあるので、葉酸を欠乏してしまうと、悪性貧血の原因となることもあります。

また、妊娠初期の女性が充分に葉酸を摂取することで、胎児の発育不全のリスクを減らす効果があることも、最近になってわかってきました。妊娠中の方は貧血になりやすく、その貧血予防としても葉酸は役に立ちますが、同時に胎児の発育にも良い効果を促す一石二鳥の成分となっています。

葉酸にいたっては、日本人の平均摂取状況は十分な量であると発表されているので、通常の食生活で葉酸を欠乏する心配はほとんどありません。しかし、妊娠中の女性では、必要な量が普段の2倍近くになるので、積極的に摂取しなければいけません。

若い女性が極端な食事制限によるダイエットで葉酸不足になっていた場合、初期の妊娠に気づかず、同時に胎児へ悪影響を及ぼすことも心配されています。ダイエット時こそ、葉酸を摂取することを念頭に置く必要があります。

貧血に良いもの


ナースサンダル 通販
ナースサンダルの通販なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!