貧血ガイド TOP ≫ 貧血で倒れたら 応急処置1

応急処置1

貧血になった時の応急処置は、知っているのと知らないのとで治りの早さも格段に変わってきます。貧血になった人も、貧血になった人を発見した場合も、比較的早い段階で応急処置をとることを第一に考えましょう。このページからは、貧血になった時の応急処置についてお話していきたいと思います。

貧血になると、当然の事ながら血液の酸素運搬能力は低下しています。したがって、それをカバーしようとする働きが体内で起こり、普段よりも心臓に負担がかかりやすくなってしまいます。体を動かせば動かすほど、全身の細胞が酸素不足に陥り、息切れや動悸などの症状が起こりやすくなるのです。

貧血と感じた場合は、絶対に無理をせず、一度歩いたり、急に立ち上がったりすることを避け、安静な状態を保ちましょう。しばらく椅子に座るのも良いですが、出来れば足元に枕か段のつくものを置いて、足を少しだけ高く上げる状態で横になることをおすすめします。これをすることにより、頭の方に血液が送られ、足元の方に溜まってしまった血液が、頭の方へと流れ始め、比較的楽になれます。

横になるスペースを確保できなかった場合は、椅子に座った後、しばらく動かないことが肝心です。下手に動き回ってしまうと、転倒する可能性もあり、それによる打撲や頭への衝撃があると、貧血はますます悪化したり、貧血による二次的な怪我も予想されます。貧血の人を見つけた場合は、絶対に無理をさせず、安静にさせることを考えて下さい。

その他の貧血


筆耕 表彰状
筆耕の表彰状なら代書・代筆・筆耕の書道サービスで!

新幹線回数券 買取
http://www.akb-shinrai.jp/

アマリール 副作用
アマリールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!